人気ブログランキング |

コチラのキュートな“つまみ寿司”、
ワタシ的京都ガイド 2009『花梓侘』プチ情報_c0156468_20555148.jpg

京都駅のJR伊勢丹・地下2階の「老舗弁当」コーナーにて販売しておりました。
予約が必要かもしれませんので、事前にお問い合わせ下さいまし〜m(_ _)m



by suif-labo | 2009-09-09 17:48 | 京都旅行記 | Trackback | Comments(0)

京都2日目の朝は『進々堂』から。
ワタシ的京都ガイド 2009『進々堂』で朝ごはん、『花梓侘』でお昼ごはん。_c0156468_1718492.jpg
卵トーストと珈琲で朝ごはん。

1930年創業のレトロなカフェ。
ここを訪れたのは10年振りですが、あれから時が止まったままの様な変わらぬ空間・・・
あの時も、BGMのない静かな空間で、心地よい苦味のこの珈琲(コーヒーでなく珈琲が気分^^)を飲んでいた気がします。


腹ごしらえを済ませたら、T2の母校散策&かつて彼が住んでいた住まい探し。

結局、当時の建物は残っていませんでしたが、周辺のアチラコチラに残る面影に満足げでありました。


更に歩く事15分ほど…。
ワタシ的京都ガイド 2009『進々堂』で朝ごはん、『花梓侘』でお昼ごはん。_c0156468_1731480.jpg
『下鴨神社』
家族、友だち・・・みんなの健康と幸せをくれぐれも(笑)お願いして・・・




腹ごしらえ(笑)
ワタシ的京都ガイド 2009『進々堂』で朝ごはん、『花梓侘』でお昼ごはん。_c0156468_1737316.jpg
花梓侘(かしわい)』
京都は北山、「セゾン・ド・ジャポン」と言う器屋さんのお店の奥で営業している隠れ家的なお店です。
予約して伺いました。

今回は、3,900円のお寿司コースをいただきました。
ワタシ的京都ガイド 2009『進々堂』で朝ごはん、『花梓侘』でお昼ごはん。_c0156468_17462767.jpg
●くみあげ湯葉 お月見仕立て

●前菜
秋茄子の胡麻ソース
秋鮭の南蛮漬け
梨と生ハム グレープフルーツソース
鴨ロース
雲丹とチーズの和風スフレ

●刺身
鯛の昆布〆大徳寺納豆しょうゆで

●椀
冬瓜のかにあんかけ

●揚
才巻海老と季節の野菜

●主菜
つまみ寿し7貫と赤だし

●デザートとコーヒー
ワタシ的京都ガイド 2009『進々堂』で朝ごはん、『花梓侘』でお昼ごはん。_c0156468_1751925.jpg
さすが器屋さん、どれもこれもカワイイ器ばかり。

前菜はお膳にイロイロな小皿に乗って供されます。
ワタシがもっと若かったら「超かぁ〜わぁ〜いぃ〜いぃ〜♡♡♡」と柳原加奈子ちゃん化してるところです(爆)

器もさることながら、お料理1品、1品がとても美味しい。
天ぷらに至っては、完璧!の揚げ具合にT2 と共に絶句。

そして、メインの“つまみ寿司”。
これまた、「超かぁ〜わぁ〜いぃ〜いぃ〜♡♡♡」(しつこくてスミマセン^^;)
湯葉やハモなど京都らしいネタや、近江八幡名物の“赤こんにゃく”なんて変わり種も…。
どれもみなしっかりお仕事されてるのがよくわかる仕上がり。

2時間以上、時間を掛けてゆっくりいただきました。
昨日に引き続き大満足でございます。




食後は器屋さんで…
by suif-labo | 2009-09-09 17:09 | 京都旅行記 | Trackback | Comments(0)

京都初日の晩ごはんは、コチラどす(笑)
ワタシ的京都ガイド 2009 『御料理 めなみ』_c0156468_922575.jpg
木屋町三条にある「御料理 めなみ
ワタシ的京都ガイド 2009 『御料理 めなみ』_c0156468_9233678.jpg
・お造り盛り合わせ
・生湯葉刺し
・合鴨ロース
ワタシ的京都ガイド 2009 『御料理 めなみ』_c0156468_9245153.jpg
・のどぐろの塩焼き
・白ゴーヤの梅和え
・いろいろきのこの姿蒸し
・牛テールの煮込み


お野菜料理も豊富で、味付けもドンピシャワタシ好み♡♡♡
更にワインも置いてあり、再訪確実のお店でした。
京都の食、最先良好です^^
ワタシ的京都ガイド 2009 『御料理 めなみ』_c0156468_9252922.jpg

ふと気付けば、左手には松茸の土瓶蒸しをすするフランス人と思しき男性。
右手には南座出演中だった某俳優さんが牛テールをつついておりました。





京都の移動手段について。
by suif-labo | 2009-09-08 22:57 | 京都旅行記 | Trackback | Comments(0)

ホテルでチェックインを済ませ、早速向かった先はコチラ…
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_2048482.jpg
鷹峰にひっそりと佇む『源光庵』
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_2050626.jpg
◎窓がカワイイ。笑ってお出迎えしてもらってるみたいです。
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_20561022.jpg
山門から中庭の松を臨む。見事な枝振りに惚れ惚れ・・・。

そして、受付付近には
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_211982.jpg
木魚の原型と言われる魚板。
人を集める時や、時刻の合図に使われていたそうです。

何かをくわえて、ヌボーッとしてる姿が憎めません^^
その奥の丸い銅板は何だったのか?ワタシにはアニメのキャラクターに見えるんですが・・・(笑)
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_2175876.jpg
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_2182976.jpg
そして、こちらで有名なのが、
ワタシ的京都ガイド 2009 『源光庵』_c0156468_2193979.jpg
丸い「悟りの窓」と四角の「迷いの窓」。

「悟りの窓」は丸型に「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現する。
「迷いの窓」は角型に「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表している。

右奥の達磨さん、悟っているのか、迷っているのか・・・。



そして、もうひとつが


血天井。
by suif-labo | 2009-09-08 21:46 | 京都旅行記 | Trackback | Comments(0)

T2の遅めの夏休み、京都に行って来ました。
ワタシ的京都ガイド 2009 『プロローグ』_c0156468_2058914.jpg
只今、画像編集中。

シ バ ラ ク オ マ チ ク ダ サ イ…^^;

by suif-labo | 2009-09-08 20:51 | 京都旅行記 | Trackback | Comments(0)